子供の頃の習い事ー大人になって思うこと

こんにちは!木山音楽教室主宰の木山舞子です。

この週末、教室は2歳、3歳の小さな子供の生徒さんたちで賑わいました。

子供の頃の習い事というのは、成長してからの生活や興味にもとても影響がありますね。

実は私は子供の頃、ピアノより先に始めていた習い事があります、、絵画教室です。

子供の習い事と言えば、音楽以外でも英語やスポーツなど、ランキングなんかを見てもおすすめのものが色々とある中で、幼稚園のすぐ裏にあるからとその絵画教室に連れていってくれた母に、私は大人になった今とても感謝しています。

その絵画教室で私がやっていた事は、おうちでのお絵かきの延長に過ぎない程度でしたが、先生はご夫婦共に画家で、ご自宅教室の壁は天井まで作品がびっしり。それもちょっと抽象的な、幼児には難解な大きな絵画ばかり。そんな中で黙々と描いていると、自分も一人前の画家のような気持ちになったものです☺️

出来上がった絵を先生のところに持っていくと、筆を持って、私のパレットから色をとって、さっさっと手を加え、格段に芸術的に直してくださる手つき。それがいかにも本物の絵描き!といった感じで、幼心に憧れました✨小学校にあがると油絵にもチャレンジさせてもらうなど、素晴らしい環境でした。

私は結局小学3年生まで通って、ピアノに絞る為に辞めましたが、今でもあの幼い頃に出会った世界への憧れがあって、美術館巡り・絵画鑑賞は私にとって何よりの心の安らぎです。かなり自己流ですが、時々自分でも描きます。(大人の習い事としてまたやろうかな、、)

在パリ時代も、美術館には通い詰めました。正直言うと演奏会よりも頻繁に行っていたかもしれない、、💦

絵画の知識や得られるインスピレーションは、音楽・ピアノにもとても役に立ちましたが、やはり何より、シンプルに、自分の人生を豊かにしてくれた、、と思います。

子どもの頃に出会う環境はとても大事です。

木山音楽教室に通って下さる小さな生徒さんたちにも、音楽で人生が豊かになった、、といつか思ってもらえたら嬉しいです、、✨

木山舞子