指導方針

  1. 基礎を重視
    • 音楽の演奏を心から楽しむために必要なのはまず基礎です。習い始めに基礎を疎かにしてしまうと、後々の上達が妨げられ、時には身体を痛める原因にもなり得ます。そうなると、音楽が好き、演奏が好き、と言う気持ちもなくなってしまいます。木山音楽教室は、音楽が生徒さんの人生のパートナーとなるよう、先々の成長を支える、無理のない自然なテクニックの習得を重視して指導します。

  2. ソルフェージュを重視
    • 当教室は、生徒さん1人1人が自分の力で楽譜を読めるよう、正確な読譜の為の基礎、ソルフェージュを重視して指導しています。楽譜を自分1人の力で読み、楽譜を手がかりに自分なりの音楽の喜びを見出せる、「音楽的自立」を促します。

  3. 音楽をより自由に楽しむ力を養う
    • 上記二つの基礎を、実際に音楽を実践する中で十分に生かせるよう、経験豊かな講師陣があらゆる側面からのアプローチで音楽の喜びを伝えます。また、レッスンの中にフランスの新しい音楽教育メソッドであるフォルマシオン・ミュジカルを取り入れることにより、より生きた音楽を感じとり、ジャンルを問わず自由な感性で音楽を理解し、楽しめる力を養います。


>>ピアノクラスへ