ヴァイオリンのメリットと得られるもの

こんにちは!木山音楽教室ヴァイオリン講師の尾崎杏奈です。

ヴァイオリン(バイオリン)は「難しそう〜」と言われることの多い楽器ですが、実はヴァイオリンならではのメリットや得られるものがたくさんあります。

今回はそんな「ヴァイオリンのメリットと得られるもの」についてお話ししようと思います。
このブログを読んで「ヴァイオリン習ってみたいな」と思う方が増えれば嬉しいです。

ヴァイオリンのメリット・得られるものをまとめると、以下の5つだと私は考えています。

①持ち運んで色んなアンサンブルが楽しめる[メリット]
ヴァイオリンは持ち運びが楽で、色んなところで演奏できるのが魅力の一つです。
頑張って弾けるようになった先には、オーケストラでみんなで弾いたり、カルテットやデュオなど、色んな場所でみんなで一つの音楽を作り上げる楽しさを味わうことが出来ます。

②音感を覚え再現する力がつく[得られるもの]
ヴァイオリンは、例えばピアノと違って、自分で音を作る楽器です。
つまり、自分で音階を作り音を出していくので、練習していく過程で「正しい音を作る(正しい音程を取る)スキル」が身に付きます。
このスキルを極めていくことで、耳で聞いたものを再現する力にも繋がっていきます。
耳コピに強くなる!とよく言われるのはこのせいかもしれませんね。

③色んな弾き方が楽しめる[メリット]
ある時はギターのように弦をはじいて弾いたり、弓で弾いたり、ヴァイオリンはたくさんの弾き方が楽しめる楽器です。

④豊富な楽曲から音楽を勉強することができる[メリット]
これはヴァイオリンだけでなく楽器を習うことによって得られるメリットでもありますが、特にヴァイオリンはピアノの次にメジャーな楽器であるため作られている楽曲も多く、音楽に対しても色んな方向から勉強することができ、また音楽を感じることができます。

⑤精神力が鍛えられる[得られるもの]
ヴァイオリンはご存知の通り、構え方や弾き方に慣れが必要です。始めてすぐに音が出て弾けるよというものではない分、諦めずに頑張ることで弾けるようになった時、自分に自信がつき、希望が持てる楽器です。


思い返せば私とヴァイオリンとの出会いは4歳の時、母の「ピアノはみんなやってるから、ヴァイオリンにしてみる?」の一言からでした。些細な気持ちから始めてみたものの、自分がここまでヴァイオリンの世界にどっぷり浸かった生活になるとは予想もしてなかったのですが(笑)

ですが結果的に思うことは「本当にヴァイオリンと出逢えてよかったな」ということばかりでした。
そんな私の経験から、今回、ヴァイオリンと出逢えて何がよかったのかをメリットや得られるものという形でお伝えさせて頂きました。

まずは、習ってみるところから。
是非音楽を楽しみ、人生をもっと豊かなものにしてみませんか♪

尾崎杏奈
(センター南教室・ヴァイオリンクラス担当)