講師紹介

木山 舞子(Maiko Kiyama)

ピアニスト/伴奏者

ピアノ/絶対音感/ソルフェージュ/フォルマシオン・ミュジカル講師

パリ国立地方音楽院(CRR Paris)卒業。
パリ・エコール・ノルマル音楽院にて高等室内楽ディプロム及び高等教育ディプロムを取得。
ヴィル・ダブレー音楽院ピアノ科最高課程及びピアノ伴奏科卒業。
ヴィル・ダブレー音楽院音楽教養科を最高評価を得て卒業。

ヴィル・ダブレー音楽院在学中に、論文「オリヴィエ・メシアンと視覚的インスピレーション」「20世紀二つの世界大戦間のフランス音楽」を執筆。

ブレスト国際コンクールショパン部門第一位メダル、コンクール・シャトゥー第二位、他フランス・日本の国内コンクールに多数入賞。
これまでにピアノを山口普子、故ドミニク・ジョフロワ、ジャン=マリー・コテ、樋口紀美子、室内楽をニナ・パタルセック、故デヴィ・エルリ、ジャック・マイヤール、伴奏法をジャン=マリー・コテ、ジャン=ミッシェル・ルシャール、音楽教養をジアド・クレイディの各氏に師事。

2010年クールシュヴェール夏季国際アカデミーに参加。 選抜生徒による修了演奏会に出演。
2013年トロッシンゲン音楽大学ドイツ・リート・アカデミーに参加。
2014年ティーニュ国際アカデミーにて、ブルーノ・リグット、ジャン=マリー・コテの各氏に師事。選抜生徒による演奏会に出演。

フランス在住中から室内楽奏者・伴奏者としての活動を開始。これまでに、マラコフ音楽院、シュレーヌ音楽院、アマデウス合唱団、パリ14区ダリウス・ミヨー合唱団などで伴奏者を務める。

2014年秋に帰国後、日本国内にて演奏活動を開始。
2015年6月、ソロリサイタルを開催した他、フランス室内楽研究会主催者として、フランス音楽を解説付きで分かりやすく紹介する演奏会を企画・開催するなど、ソリスト、室内楽奏者、伴奏者として数多くの演奏会に出演。
また、女性音楽トリオ「ル・モマン」の一員として、横浜市都筑区を中心に、地区センターやショッピングモールにて演奏するなど、地域の音楽活動にも精力的に取り組んでいる。

在仏中より音楽指導を開始し、「理論に基づいた自然な音楽性の養成」「先々の成長を支える基礎作り」を目標としたきめ細やかなレッスンをモットーに、後進の指導に積極的にあたっている。

主な演奏実績

主な伴奏レパートリー


>>クラス紹介へ